FC2ブログ

≫ 全記事を表示

ゴダイゴ / アルバム・ディスコグラフィ

Godiego discography
*画像クリックでアマゾンサイトへ移動します。
名作 傑作 代表作 おすすめ
1975年、第5次ミッキー吉野グループ(スティーヴ・フォックス/浅野孝己/原田裕臣)が、タケカワユキヒデの2ndソロアルバムに参加したことをきっかけとして結成。もともと予定されていたタケカワのソロアルバムは、そのままゴダイゴのデビューアルバム『新創世紀』として発表された。同75年にドラムスの原田裕臣が脱退し、浅野良治を経て、翌76年にトミー・スナイダーが加入した。結成当初よりジョニー野村と奈良橋陽子がグループをプロデュースしており、多くの作詞も手掛けた。また、グループはインストバンド、サポートバンドとしての側面ももち、その際にはタケカワ以外のメンバーだけで演奏した。
1979年に管楽器セクションのゴダイゴ・ホーンズが結成。80年にベースのスティーヴ・フォックスが脱退して、吉澤洋治が加入。85年にグループはいったん解散した。94年に、ゴダイゴのリバイバルブーム。98年、スティーヴ・フォックスと浅野孝己がトロピカル・ポップ・オーケストラを結成。ゴダイゴも、99年の期間限定の再結成を経て、2006年に再々結成している。
2020年に浅野孝己が死去した。


【オリジナル期の作品】(1975~1985)



'76
ゴダイゴ:新創世紀

当初はタケカワユキヒデのセカンドアルバムとして企画されていた作品。収録曲は、長谷川和彦監督の映画『青春の殺人者』や大森一樹監督の映画『オレンジロード急行』に使用された。デビューシングル「僕のサラダガール」を収録。



'77
DEAD END

トミー・スナイダー加入後の作品。



'78
CMソング・グラフィティ・ゴダイゴ・スーパー・ヒッツ

CMソングを集めた企画作品。



'78
MAGIC MONKEY(西遊記)

日本テレビ開局25周年ドラマ「西遊記」のサントラにもなった作品。「モンキー・マジック/Monkey Magic」「ガンダーラ/Gandhara」(英語ヴァージョン)を収録。



'79
OUR DECADE -70年代僕たちの時代-

「はるかな旅へ」「TRY TO WAKE UP TO A MORNING」を収録。



'79
MAGIC CAPSULE/GODIEGO LIVE

群馬県民会館、大宮市民会館、東京晴海貿易センターでのライヴ音源。ゴダイゴホーンズが参加。ライヴの模様は同名のドキュメンタリー映画にもなった。



'80
KATHMANDU(カトマンドゥー)シルクロードへ・・・

スティーブ・フォックス脱退後の作品(先行シングルの表題曲を除く)。



'80
中国 后醍醐

中国天津市の第一請工人文化宮劇場で開催された「第一回中日友好音楽祭」でのライヴ音源。その模様は『ロックが中国に入った日』として映像化もされている。



'81
M.O.R.(Middle Of the Road)



'82
CMソング・グラフィティ Vol.2

CMソングを集めた企画作品の第2弾。



'84
FLOWER



'84
平和組曲・ゴダイゴ・ライヴ

前橋市民会館、豊田市民会館、郵便貯金会館でのライヴ音源。『MAGIC CAPSULE』に収録できなかった表題組曲(エルガーの「威風堂々」の旋律を用いた作品)をはじめて収録している。



'84
ONE DIMENSION MAN

解散前の最後のスタジオ作品。



'85
INTERMISSION/GODIEGO FINAL LIVE

ファイナル・ライヴツアー初日の東京厚生年金会館でのライヴ音源。



'91
15TH ANNIVERSARY GODIEGO BOX

デビュー15周年を記念して発売された10枚組ボックスセット。



【サントラ作品】




'76
青春の殺人者

長谷川和彦監督の映画。タケカワユキヒデ『走り去るロマン』とゴダイゴ『新創世紀』の収録曲を含む。2010年発表。



'77
ハウス

大林宣彦監督の映画。「君は恋のチェリー」を収録。



'77
小さなスーパーマン ガンバロン

日本テレビ系ドラマのサントラ。



'78
キタキツネ物語

蔵原惟繕監督の映画。ゴダイゴとしてはじめて日本語詞の曲が作られた。ヴォーカル担当は、タケカワユキヒデ、町田義人、牧ミユキ(映画では朱里エイコ)。



'78
男たちの旅路

NHKドラマのサントラ。



'80
遥かなる走路

佐藤純彌監督の映画。



'85
うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ
ミッキー吉野

やまざきかずお監督の映画。
主題歌はタケカワユキヒデが作曲。



'85
誇りの報酬
ジョニー野村/タケカワユキヒデ/浅野孝巳

日本テレビ系ドラマのサントラ。



【おもなソロ作品】




'75
走り去るロマン/PASSING PICTURES
タケカワユキヒデ

収録曲は、NHKドラマ『男たちの旅路』、藤田敏八監督の映画『バージンブルース』、長谷川和彦監督の映画『青春の殺人者』に使用された。「ハピネス/HAPPINESS」を収録。



'80
レナ/LYENA
タケカワユキヒデ

収録曲は、NHKドラマ『男たちの旅路』や佐藤純彌監督の映画『遥かなる走路』に使用された。



'80
THERE COMES A TIME
トミー・スナイダー



'83
白い街角/EMPTIEST FEELING
タケカワユキヒデ



'84
泥棒日記/Journal du Voleur
タケカワユキヒデ



'86
ドント・ターン・バック/DON'T TURN BACK
タケカワユキヒデ



'87
ハロー/グッド・ナイト / HELLO/GOOD NIGHT
タケカワユキヒデ

ソロ作品のセルフカヴァー集。



'86
AMERICAN ROAD
ミッキー吉野

ゴダイゴと並行して活動していた2つのユニット「PAN」と「DEBUT!」の作品集。



'88
LONGWAY FROM HOME ロングウェイ・フロム・ホーム
ミッキー吉野



'90
TAKE A LOOK
トミー・スナイダー

KUWATA BANDの英語詞担当や映画「稲村ジェーン」への出演などの縁から、桑田佳祐が対訳を担当している。



'92
HEARTS ON FIRE
トミー・スナイダー

サザンオールスターズの「OH GIRL」「JUST A LITTLE BIT」をカヴァーしている。



'13
STEVE FOX
スティーブ・フォックス

初のソロアルバム。



'20
UNDER THE COVERS
トミー・スナイダー

カヴァー曲集。




【リバイバル期のゴダイゴ関連作品】(1994~)




'94
ガンダーラ伝説/LEGEND OF GANDHARA
タケカワユキヒデ

「ガンダーラ/Gandhara」をセルフカヴァーしている。ゴダイゴのリバイバルブームの発端となった。



'94
IN THE BOOK OF HEAVEN
THE SPIRITS OF GODIEGO

ミッキー吉野、スティーヴ・フォックス、エディ藩からなるユニット。
「ガンダーラ/Gandhara」「TRY TO WAKE UP TO A MORNING」をセルフカヴァーしている。



'94
GODIEGO GREAT BEST Vol.1 -Japanese Version-

日本語曲を集めたゴダイゴのベスト盤。



'94
GODIEGO GREAT BEST Vol.2 -English Version-

英語曲を集めたゴダイゴのベスト盤。



'94
RETURN OF GODIEGO / MICKIE YOSHINO'S BEST SELECTION

ミッキー吉野の選曲によるゴダイゴのベスト盤。



'94
GODIEGO SINGLE COLLECTION

ソロ作品を含むシングルA面曲のセレクション。



'95
GODIEGO SINGLE COLLECTION Vol.2 -B SIDE COLLECTION-

ソロ作品を含むシングルB面曲のセレクション。



'99
GODIEGO...WHAT A BEAUTIFUL NAME

再結成時のオリジナル作品。



'99
GOLD GODIEGO NOW & THEN

オリジナル期から再結成期までのゴダイゴのベスト盤。



'07
CHRONICLE
タケカワユキヒデ

2007年からネット配信されたビートルズのカヴァー曲を中心に『CHRONICLE 1&2』『CHRONICLE 3&4』『CHRONICLE 5&6』として作品化。それぞれに「ガンダーラ」「銀河鉄道999」「ホーリー&ブライト」などのセルフカヴァーも加えている。



'08
ビューティフル・ネーム・アゲイン
タケカワユキヒデ&T’s COMPANY

「ビューティフル・ネーム」の8種類のセルフカヴァーを収録した企画作品。タケカワユキヒデと四女のタケカワアイによる親子デュエットや、世界各国の民族楽器を使用したインストゥルメンタルバージョンを含む。



'08
GODIEGO BOX

ゴダイゴのオリジナル作品に最初のCD作品『ORIGINAL HIT DISC』の復刻盤を加えた17枚組ボックスセット。



僕のソングブック カヴァーズ
タケカワユキヒデ

2013年から始まった「僕のソングブック カヴァーズ」ライヴシリーズ。他アーティストのカヴァー曲とゴダイゴの過去作品を演奏している。



【ゴダイゴ前史/発掘音源など】



1968
ザ・ゴールデン・カップス・アルバム第2集
ザ・ゴールデン・カップス

1968年に、ミッキー吉野がザ・ゴールデン・カップスへ加入し、「愛する君に」などをヒットさせた。このバンドは72年に解散。2002年に再結成している。



ナウ&ゼン
The M

1968年に、浅野孝己がThe Mに加入。このバンドは73年に解散。2011年に限定的な再結成をしている。2012年に発表された再結成ライヴ盤には、1970~71年当時の未発表ライヴ音源も併録された。



THE M
The M

1972年発表の唯一のアルバム。収録曲は、中島貞夫監督の映画『性倒錯の世界』に使用された。



1972.LIVE AT 新宿
The M

1972年のライヴ音源。2007年発表。





ME & 70's
ミッキー吉野/ミッキー吉野グループ

ゴールデン・カップス在籍時の1970年に録音されつつお蔵入りになったソロアルバムと、ミッキー吉野グループの1975年のデモ音源を収録。2008年発表。



1974 One Step Festival
ミッキー吉野グループ

内田裕也と石坂敬一のプロデュースにより、1974年8月に福島県郡山で開催されたワン・ステップ・フェスティバルからのライヴ音源。バークリー留学から帰国直後のミッキー吉野が、アイ高野、藤井真一らと結成した第2次ミッキー吉野グループの演奏。2019年発表。




HOME RECORDING DEMO ARCHIVE SERIES
タケカワユキヒデ

2010年にはじまったタケカワユキヒデのデモ音源発掘シリーズ。Vol.1では、『走り去るロマン』の原曲仕様を中心に、10代のころに録音された音源なども収録。このほか、Vol.7では、1978年の『西遊記』のために作られたデモ音源が収められている。



キタキツネ物語 ALTERNATE SOUNDTRACKS + HOME RECORDING DEMO IN 1978
タケカワユキヒデ

映画『キタキツネ物語』で使用されたMEテープ音源と、タケカワによる自宅録音デモ音源。2009年発表。



浅野孝已アンソロジー 1951-2011
浅野孝已

The Mのライヴ音源をふくめ、浅野孝已の40年以上にわたる音楽活動のアーカイブから集めた還暦記念アンソロジー。2011年発表。



STEVE FOX
スティーヴ・フォックス

ミッキー吉野と結成したザ・サンライズの1971年のデビュー曲や、スティーヴとエルナンドによる1977年の珍曲「アイドル・ヒップ」なども収録したスティーヴ・フォックスの足跡をたどるベスト盤。2013年発表。



A Half Century Of MY Music Variety
ミッキー吉野

半世紀にわたってミッキー吉野が演奏/作曲/編曲/プロデュースなどに関わった作品群から、レコード会社の垣根を超えて集めたオールタイムベスト。2019発表。



【おもな参加作品】




'75
いくつかの場面
沢田研二

ミッキー吉野、スティーヴ・フォックス、浅野孝己、原田裕臣が参加。
このほか細野晴臣、鈴木茂、林立夫、大滝詠一、山下達郎らが演奏に、松本隆、西岡恭蔵らが作詞に参加している。



'76
ペイパー・ムーン
大橋純子

ミッキー吉野、スティーヴ・フォックス、原田裕臣が参加。



'76
ききょう
山内てつ

ミッキー吉野、スティーヴ・フォックス、浅野孝己、原田裕臣が参加。



'76
ベイサイド・スゥィンガー
エディ藩

ミッキー吉野、スティーヴ・フォックス、浅野孝己、浅野良治が「スーパー・セッション・バンド」として全面参加。



'77
レインボー・チェイサー
茶木みやこ

ゴダイゴ(タケカワ除く)が参加。



'78
あまぐも
ちあきなおみ

ゴダイゴ(タケカワ除く)と、のちのゴダイゴ・ホーンズの岸本博が参加。



'78
KAORI TWO
桃井かおり

ゴダイゴ(タケカワ除く)が参加。



'78
THRILL
Char

ミッキー吉野、スティーヴ・フォックス、トミー・スナイダーが参加。



'78
KALEIDOSCOPE
渡辺香津美

FMラジオ番組でのセッション。ミッキー吉野、スティーヴ・フォックス、トミー・スナイダーが参加。



'79
AGNES IN WONDERLAND
アグネス・チャン

タケカワユキヒデの作曲、奈良橋陽子の作詞(日本語詞は山上路夫)、ミッキー吉野の編曲、ゴダイゴの演奏による全面参加。



'79
交響詩 銀河鉄道999

東映動画のアニメ『劇場版 銀河鉄道999』のサントラ。ゴダイゴがテーマ曲を担当。



【DVD】




ゴダイゴ in 東大寺

2006年におこなわれた世界遺産・奈良東大寺での再結成ライヴ。



GODIEGO 2007 TOKYO 新創世紀

2007年に東京芸術劇場で行われた総勢80人参加のコンサート。市原悦子をストーリーテラーとして「組曲・新創世紀」を中心に演奏している。



Godiego Collectors' DVD BOX
Disc1:MAGIC CAPSULE / NTV Recollection of GODIEGO
Disc2:INTERMISSION GODIEGO Final LIVE
Disc3:復活!ゴダイゴ・ジャパンツアー 1999
Disc4:ゴダイゴ in 東大寺
Disc5:GODIEGO 2007 TOKYO 新創世紀
Disc6:GODIEGO 2008 TOKYO 新創世紀 第二章 R+EVOLUTION
Disc7:GODIEGO 2009 TOKYO 新創世紀 第三章 ゴダイゴ号の冒険
Disc8:NHK Recollection of GODIEGO

Godiego Collectors' DVD BOX 2 Archive Selection
Disc1:ロックが中国に入った日
Disc2:GODIEGO ON SILKROAD
Disc3:Godiego in PORTOPIA




Godiego 40th Anniversary Live DVD BOX
Disc1:Godiego CONCERT 2016 Billboard Classics
Disc2:Godiego Concert 1976-2016
Disc3:ゴダイゴ40周年記念シークレットイベント




関連項目
英語派ロックの系譜
サザンオールスターズ





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

[Ctrl]+[+] キーで文字を拡大

◇音楽
フォーク/ロック事典
リズム&ブルース事典
- リズム&ブルースの歴史 -
クロスオーヴァージャズ事典
ジャパニーズポップス事典
- はっぴいえんどの系譜 -
クラシック音楽事典
ワールドミュージック事典
- ブラジル音楽事典 -
- ブラジルのミュージシャン -
- アフリカ音楽事典 -
- プテュマヨ・ワールド -


◇コラム
レオン・ラッセルとボブ・ディラン
ドナルド・トランプとボブ・ディラン
ジョルジ・ベンのエチオピア
リトル・リチャードの Soul & Funk

◆トピック
エンニオ・モリコーネを悼む


* * * * * *


●アルバム・ディスコグラフィ
マイルス・デイヴィス
ジェームス・ブラウン
ボブ・ディラン
細野晴臣
その他

●映画
アルフレッド・ヒッチコック
黒澤明
ジャン・リュック・ゴダール
スティーヴン・スピルバーグ
その他

●漫画/アニメ/特撮
手塚治虫
モンキー・パンチ
松本零士
その他

●文芸
夏目漱石
村上春樹
スティーヴン・キング
歴代芥川賞 / 歴代本屋大賞
その他

●バラエティ
ハイイメージと現実
人類史と進化医学
カレーとビールの本
東北出身の芸能人、有名人
その他

●社会
ドナルド・トランプを知る
石原慎太郎を知る


* * * * * *


◇特別対談
斉藤由貴を語る

◇物語メモ
源氏物語
義経千本桜
スターウォーズ
機動戦士ガンダム
JIN-仁-

◇歴史メモ
アマルナ革命とツタンカーメン

◇特別対談
内田裕也を語る


フリーエリア